スポンサーリンク

それでも僕は Laravel5 を捨てて CakePHP3 にした理由

つぶやき

中小企業で社内システムを発注するときに、
パッケージか独自設計か、独自設計なら何かフレームワーク使うのかなどなど、
いろいろ悩むところです。
 
今回僕は、勤務している農業機械店の顧客管理システムを移管するにあたり、
PHPフレームワークのCakePHP3を使って実装することにしました。

また、エンジニアやベンチャーの方々に聞くと
最近はLaravelかRailsに決まってるでしょ? と言われそうですね。
 
実際、比較の際に自分で使ってみても、Railsはスマートで感動しましたし、
Laravelも必要な機能は大方最初からフレームワークで用意されていて
細かいところも柔軟にできて素晴らしいと思いました。

ですが、「小さな会社のIT担当(雑用係)」として忙殺される今、
CakePHP3はかなり「アリ」な選択でした。

選択の大きいな理由はこの3つ 

・格安レンタルサーバー(月1000円未満)でもそこそこの速度で動く
 →試しに似たような3テーブルだけのCRUDをLaravelとCakeで作って
 手持ちの4つくらいのレンサバに乗せて比べたところ、
 Laravelは2つはもっさりなら動く、残り2つは動かない。

 Cakeは1つは使えるレベルで動く、2つはもっさりなら動く。
 残り1つは動かないという結果でした。

 もちろんSSH接続してComposer入れてごにょごにょすれば
 Laravelもレンサバでちゃんと動くんでしょうが、
 そういう環境設定に時間かけたくなかったです。
  
・CakePHPの方が規約重視で設定項目が少ない。その恩恵として
 イッパツbakeコマンドで「動くCRUD」がすぐできる。
 そのため開発が圧倒的に楽で速い。

・クラウドソーシングでのCakePHP開発者さんが多数いて、
 CakePHP系の開発者さんは、単価が比較的安価だった。
 そしてCakePHPは規約の縛りが強いため、
 基本設計だけ渡せば、内部処理をあまりつめなくても
 思った通りのソースが届く。
 変なソースのバグ取りしなくてよい。
 
というわけで、開発の簡単さと早さ重視でCakePHPになりました。

ただし、あくまで、多岐にわたるテーブル結合の必要が無くて
トランザクション処理も社内向けだからテキトーでOK
といった背景だからCakePHP3でも悩まず作れるのかもしれません。

自由にごにょごにょするならLaravelかも。。。。