スポンサーリンク

Windows PowerShellでOpenSSHを使うための手順

Web開発

Windows 10の場合は、Bash on Utuntu on Windowsを使えば事足ります。

ですが中小企業の現場では当然のようにWindows 7や8/8.1も動いているのが実態なので、Windows PowerShellでOpenSSHを使いたいという場面は結構多いのではないでしょうか。

そんなわけでWindows PowerShellにOpenSSHをインストールした時のメモです。

先ずは、Windows PowerShellを管理者として実行します。

続いてPowerShell上で次のコマンドを入力しましょう。

Set-ExecutionPolicy Unrestricted

実行ポリシーの変更がなされたことを確認できたら、以下のコマンドを1行目から順番に実行する。

iwr https://chocolatey.org/install.ps1 -UseBasicParsing | iex
refreshenv
以上で、OpenSSHのインストールは完了です。

ここで一度PowerShellを終了し、通常モードでPowerShellを立ち上げ直すと、Linuxで使い慣れたsshコマンドがWindowsでも使えるようになっています。

スポンサーリンク

Chocolatey をインストール

WindowsのパッケージマネージャのChocolateyをインストールします。
すでにインストール済みの方は飛ばしてください。


https://chocolatey.org/install

Set-ExecutionPolicy Bypass -Scope Process -Force; iex ((New-Object System.Net.WebClient).DownloadString(‘https://chocolatey.org/install.ps1’))

スポンサーリンク

Open SSHをインストール(Chocolateyを使う)

choco install openssh

環境設定をリセットする

refreshenv
Chocolatey をインストールすると refreshenv コマンド(正式名称: Update-SessionEnvironment )がついてきます。これを実行すると PowerShell を開き直すことなく最新の環境変数を読み込むことができます。

クライアント側でSSH鍵を作成する

ここで、PowerShellを通常モードで立ち上げなおす

ssh-keygen

鍵ファイルが作成される

次にEnter passphrase (empty for no passphrase):と、
パスフレーズを聞かれるので入力。(空にするとパスフレーズ無しで生成)

すると、カレントディレクトリに以下の2ファイルが生成されるのでこれらを使えばSSHが使えます。

id_rsa (秘密鍵)
id_rsa.pub (公開鍵)