スポンサーリンク

XAMPPで複数のPHPバージョンを分けて使いたいときに参考にした記事

つぶやき

題名の通りです。XAMPPのPHPバージョンを分けて使う必要が出たので調べました。

会社の顧客管理システムのローカル開発環境を新しいPCに移行しましたが、

新しくインストールしたXAMPPはPHP7.Xです。

顧客管理システムは、稼働サーバーに合わせて、PHP5.6.Xと

CakePHP3の少し前のバージョンで作成しています。

で、このソースをPHP7の新しいXAMPPに入れるとエラーだらけになったので、

PHPのバージョンを合わせるため、複数のPHPを共存・切り替えする必要が出ました。

・Quiitaの記事。これでバッチリでした。
xamppで複数のバージョンのphpを切り替えて使いたい!!!
https://qiita.com/shie2/items/65234ffb6753e277d621
 
・atmarkitさんの記事
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1306/07/news111.html
 
・古松さんの記事

環境の複数バージョンのphpをインストールと設定