スポンサーリンク

Windows10に複数環境のXAMPPを導入

もともと32bit版のXAMPPがインストール済みのところに、64bitのポータブル版XAMPPをインストールしたい。
32bit版のXAMPPと64bit版のXAMPPを同時に起動させるような環境を構築

スポンサーリンク

まずは新しく64bit版XAMPPをインストール

XAMPPはProgramFiles直下にインストールすると動かないので、Cドライブ直下にインストール

スポンサーリンク

XAMPPの設定ファイルの変更

このまま起動すると80番Portが既に別のプログラムで使われていますとエラーが出るので変更する。
複数のXAMPPを共存させる場合なども他のバージョンと被らぬように指定する。

httpd.comf ファイル

・60行目付近、LISTEN:80 の値をコメントアウトして(行の先頭に半角シャープ # つけて)変更 →84とか

・230行目付近、ServerName localhost:80も変更 →同じく84とか

httpd-ssl.comf ファイル

・38行目付近、LISTEN 443 を変更

・124行目付近、
・127行目付近、ServerName www.example.com:443 それぞれ上記と同じく変更

正しくポート変更されたか確認

Apacheを起動して、Port(s)の表示が 上記の変更値になっていればOK

※初回起動時にファイアウォールの許可設定が出る

MySQL(MariaDB)のポートも変更

MySQLは初期状態の「3306」から変更しなくてもポートがバッティングすることは少ないと思うが、
複数のXAMPP環境を併用する場合は変更しておくとよい。

MySQLのポート変更

3306で検索すると便利

・20行目、および31行目付近の port=3306 を変更

DBサーバも起動してみて変更を確認

phpMyAdminの設定変更

あまり使う機会は少ないけど、phpmyadminを使う場合は下記設定ファイルを変更

・Cドライブ直下にインストールした場合
c\xampp\phpMyAdmin\config.inc.php

・複数のXAMPPを共存させるためにインストールフォルダ名を変更した場合
c\xampp7.4.13\phpMyAdmin\config.inc.php

次の1行を追加

$cfg['Servers'][$i]['port'] = '3307';

ポート変更後のブラウザアクセス確認

ブラウザで http://localhost:84/phpmyadmin/にアクセスする
確認1)URLには、localhost:84/xxxxx のように、変更したポート番号が必要。
確認2)MySQLのポートも。サーバ: 127.0.0.1:3307 といった具合でポート番号が変更される。